ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
本文へ移動します
経営者の夢の実現を会計力で支援します!
ここから本文です
Share on Facebook

 

 

会社経営で「見えない」といわれがちなものの、代表的な2つです。

(1) 決算の着地が見えない

(2) 決算書では読み取れない会社の価値(良さ)が見えない

 

(2)については、過去のブログでご紹介した

「知的資産経営」をお勧めします。

詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

今回は、(1)財務の「見える化」について。

 

2010年も半分が過ぎました。

3月決算法人であれば第1四半期が経過したことになります。

 

 

のど元過ぎれば・・・とは良く言い得たもので、

前回、つい数ヶ月前の決算で「今期の見通しはどうだろうか??」と

頭を悩ませていた経営者の方々も、

決算が落ち着いたとたんに忘れてしまう、

ということはよくあることです。

 

 

visible

しかし、今期はもう始まっているのです。

会社の売上や利益の見通しがどの程度「確からしく」予測できるのか、

先手、先手で考えておく必要があるのです。

 

 

① まず計画を立てること (比べるものがなければ、管理は困難です)

② 早いうちから着地管理すること (着陸態勢は早いほうが安全・正確)

③ 客観的視点に立つこと (会計情報、第三者の目を上手に活用しましょう!)

 

 

「会計ステップ論」とでも言いましょうか、

こちらでご紹介の通り、経営にはステージがあり、

それぞれで会計情報の使い方が変わってきます。

 

 

①~③によって、劇的にあなたの会社の「見える化」が進むのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

所長ブログ

カテゴリー

バックナンバー

携帯アクセス解析