ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
本文へ移動します
経営者の夢の実現を会計力で支援します!
ここから本文です
Share on Facebook

前回に引き続き、

教える力・伝える力について少々。

 

 

2010年7月19日の日経MJで、

辻調理師専門学校・辻校長のインタビュー記事がありました。

 

Docendo Discimus (教えることによって学ぶ)

辻調グループが創立当初から校是としているのだそうです。

(以下、HPより抜粋)

辻調グループの教職員は、学生と向かい合う中で、常に謙虚さを忘れず、学び続けることを求められます。学生とともに、日々、進化して行きたい──「建学の精神」は、脈々と受け継がれています

 

 

 BIC006

経営についても、同じことが言えるのではないでしょうか。

 

 

財務情報であれば、

単に「決算書」というものが出来上がっても、

その中身について企業が理解していなければ、ただの紙。

 

「なんで売上が伸びた・落ちたのか?」

「どうして計画より利益が良かった・悪かったのか」

 

きちんと中身を知ろうとして、社内・社外に教えられれば

世界でただ1つの立派なプレゼンテーション資料です。

 

 

知的資産(無形の力)であれば

決算書(財務情報)では、成果の一部とはいえ、企業の全ては伝わりません。

 

人材力、技術力、営業力、コミュニケーションといった知的資産を

 

・強みは何か?

・それは社内で共有されているか?

・強み同士がどうつながっているか?

 

 

知的資産経営報告書」などを上手に活用し、

学びを深め、

社内・社外に教えることが

これからの企業経営にも求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

所長ブログ

カテゴリー

バックナンバー

携帯アクセス解析