ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
本文へ移動します
経営者の夢の実現を会計力で支援します!
ここから本文です
Share on Facebook

社長や従業員のみなさんが、駐車場代や飲食代などの小口経費を一時的に立て替えて、あとから会社で精算することがあります。

これを一般に「立替経費精算」といいますが、みなさんの会社の経費精算の頻度はどのくらいでしょうか。

だいたい「月2回くらい」というのがよく聞かれます。中には「毎週」というところもあるそうです。

【方法】

これを、月に1回の精算にしてしまいます。

しかも給与と合算して経費を振り込んであげるのです。

もちろん、経費精算は現金手渡しでなく、振込でお願いします。

【効果】

現金手渡しだったところは、まずその手間や、事故(金額間違い)のリスクから解放されます。

振込回数を絞って給与と合算して支払うことで、振込手数料も軽減できます。

はじめは従業員のみなさんの抵抗感があると思いますが、これも決め事です。

「経理がラクしたいから」ではなく、「金銭管理をミスなく安全にするため」ということを社長みずから説明すれば、納得してもらえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

所長ブログ

カテゴリー

バックナンバー

携帯アクセス解析