14:13
復興特別所得税が始まります 2 預金利息の源泉徴収も税率変更

会計税務

Share on Facebook

前回のブログの続きです。

 

フリーランスや士業など、源泉徴収の対象となる個人事業主の事例をご紹介しましたが、

たとえば預金利息や株式配当などにも影響が出てきます。

 国税庁「復興特別所得税(源泉徴収関係)Q&A」は、こちら

 

預金利息の入金額は、じつは源泉税額20%(所得税15%+都道府県民税5%)が控除されて、

手取り額だけが入金されるしくみになっています。

 

 

 

経理の経験がある方ならお分かりいただけると思いますが、割り戻し計算して本来の利息の額を計上し、

源泉徴収部分は申告時に調整する方法を採用する場合があります。

 

 

 

このときの計算で用いていた源泉徴収税額20%が、復興特別所得税の上乗せがあるために、

20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+都道府県民税5%)となるわけです。

 

 

平成25年以降の利息計算には、注意が必要です。

 

【お詫びと訂正】図表中、4)検算のところ、①「400円」を「501円」に訂正しております。お詫び申し上げます。

コメントをどうぞ

トラックバックURL : http://kawtax.jp/blog/2012/11/16/1383/trackback

河上康洋税理士事務所に相談してみませんか?

会計力で経営者の夢・情熱を形にし、発展軌道に乗せる応援をしていきます。
そのため、経営について相談できる身近な参謀となります。

お問い合わせはお気軽にどうぞ!
フリーダイヤル
0120-858-969
携帯電話から
092-292-6685
お電話での受付時間
月~金 9:00~17:00
所長イラスト
トップに戻る
携帯アクセス解析