ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
本文へ移動します
経営者の夢の実現を会計力で支援します!
ここから本文です
Share on Facebook

 

LLPの決算書で特徴的なのが、分配金の取り扱いです。

 

 

 

株式会社などでは、利益から過去に配当をいくら出したか、決算書を見ただけではわかりません。

ところが、LLPから過去にどのくらいの分配をしたのかが明示されています。

 

 

「累計分配金」というマイナス項目がそれです。

決算書を作成する場合は、まずその点を注意しておいてください。

 

 

 

さらに、組合財産を保全する観点から、一定額以上の分配ができないしくみとなっています。

これを「分配制限」といいます。

 

 

この金額は出資総額によって変わってきます。

> 出資総額が300万円未満  分配可能額 = 純資産 - 出資総額

> 出資総額が300万円以上  分配可能額 = 純資産 - 300万円

 

 

出資された額など、過度の分配を制限しているのです。

もちろん分配はゼロであっても構いません。

 

ちなみに分配金額の過多と、組合員それぞれの所得とは関係がないことは、前回のブログのとおりです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

所長ブログ

カテゴリー

バックナンバー

携帯アクセス解析