ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
本文へ移動します
経営者の夢の実現を会計力で支援します!
ここから本文です
Share on Facebook

昨年末、平成26年度税制改正大綱が公表されました。

 

 

本ブログでもいくつかご紹介したいと思いますが、

その前に、平成26年4月から適用される、平成25年度の税制改正項目をご紹介します。

 

 

現在、「金銭(又は有価証券)の受取書」については、記載された受取金額が

【3万円未満】のものが非課税とされていますが、

 

平成26 年4月1日以降に作成されるものについては、受取金額が

【5万円未満】のものについて非課税とされることとなりました。

 

 

 

この「受取書」の範囲は幅広く、

「領収証」、「領収書」、「受取書」や「レシート」はもちろん、

に請求書や納品書などに「代済」、「相済」、「了」など記入したものも含まれます。

 

 

実務上の印紙貼付の手間を考えると、経理上もメリットは大きいと思います。

 

 

(参考) 国税庁ホームページ(リンク)「領収証」等に係る印紙税の非課税範囲が拡大されました

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

所長ブログ

カテゴリー

バックナンバー

携帯アクセス解析