ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
本文へ移動します
経営者の夢の実現を会計力で支援します!
ここから本文です

【セミナー】第4期河上塾 経営者のためのドラッカー勉強会(10/28より全3回)

水曜日, 9月 30th, 2015

2012年から毎年開催している河上康洋税理士事務所主催の経営者塾(略称・河上塾)。

 

今回は、経営者であれば1度は読んでおきたいP.F.ドラッカーの代表作

「経営者に贈る5つの質問」を題材に、所長税理士・河上康洋による内容解説を行います。

 

自社の経営戦略を見つめ直すきっかけにいかがでしょうか。

 

seminar_20151028

> 上記のPDFデータ(約200kb)は、こちらからダウンロードできます

 

- – – – – – – – – – – – – – – – – – – -

 

第4期 河上塾 経営者のためのドラッカー勉強会

             P.F.ドラッカー「経営者に贈る5つの質問」

 

【内容】全3回、いずれも18:00~20:00

    10/28(水) われわれのミッションは何か? / われわれの顧客は誰か?

    11/11(水) 顧客にとっての価値は何か? / われわれにとっての成果は何?

    11/25(水) われわれの計画は何か? / まとめ(経営戦略発表会)

          ※ 最終回終了後に、反省会(懇親会)を実施予定

 

【会場】河上康洋税理士事務所(博多座・西銀ビル11階)

 

【料金】4,000円(全3回)、ただし当事務所のお客様は 3,000円(全3回)

     ※ 別途、書籍代1,500円(下記ご持参の方は書籍代不要)

       P.F.ドラッカー「経営者に贈る5つの質問」ダイヤモンド社

 

【対象】経営者・創業予定の方

 

【定員】8名(先着順)

 

【申込】テキストの要否を必ずご記入ください

 1) 当サイト お問合せフォーム(リンク) 「河上塾参加希望」と明記ください

 2) 別添チラシを FAX(092-292-6686)

 

経営支援セミナー、無事に終了しました!

水曜日, 9月 23rd, 2015

去る9月10日、当事務所主催・日本政策金融公庫福岡支店国民生活事業後援の

TKC経営支援セミナー2015「これで安心!マイナンバー制度実務対応セミナー」が

無事に終了いたしました。

 

会社経営者のみなさまだけでなく、経理実務担当者、士業のみなさまにも

多数ご参加いただき、誠にありがとうございました。

今後も継続的な情報発信を行ってまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

マイナンバーセミナー/福岡博多・河上康洋税理士事務所

【セミナー】7/10(金)追加開催! 小規模事業者持続化セミナー

月曜日, 7月 6th, 2015

 

平成26年度補正予算(平成27年度実施)として2回募集された

「小規模事業者持続化補助金」、このたび追加募集(7月末締切)が

公表されました。

 

経営計画を作成し、これに沿った販路開拓を行う小規模事業者に、

費用の2/3(上限50万円)を補助するというものです。

 

・「小規模事業者」とは?

  ・・・常時雇用20人以下(商業・サービス業は5人以下)

・「販路開拓の費用」とは?

  ・・・チラシ作成、ホームページ作成、店舗改装 など

 

この「持続化補助金」、とても使い勝手が良いのです。

 

・採択数が多い(本年度は全国12,000件程度が採択予定)

・使える範囲が幅広い(チラシやHP、店舗改装など幅広い)

・雇用増などがあれば上限が100万円にUP

・申請書作成を通じて、経営方針や自社の強みも整理できる

 

当事務所としても昨年採択された「持続化補助金」を解説し、

実際に、事業計画の骨組みまでをその場でアドバイスさせて

いただく予定です。

 

 

~~

 

追加開催! 小規模事業者持続化セミナー

 

 日時 2015年7月10日(金)10:00~12:00 ※終了後の個別相談も可

 会場 河上康洋税理士事務所(福岡市博多区下川端町2-1)

 定員 8社(当事務所のお客様・河上塾OB優先)

 費用 1,000円(当日持参ください)

 申込 お問合せフォーム(こちら)に「持続化セミナー希望」の

    タイトルで、お名前・御社名・ご連絡先を明記ください。

 備考

  ・ パソコンを持参ください。その場で計画書ドラフトを作成いただきます。

  ・ 事前課題をお渡しします。

  ・ 補助金申請を予定しない方も参加可能です。

  ・ アドバイスは行いますが、書類作成代行は行いません。

  ・ 補助金採択の結果にかかわらず参加費は返金致しません。

 

~~

スタートアップで知っておくべき資金調達 4 福岡市「スタートアップ資金」

木曜日, 6月 18th, 2015

先にご紹介した「経営力強化資金」は税理士などの認定支援機関の活用が前提ですが、

税理士などの認定支援機関に依頼しない場合や、民間金融機関で申込む場合には、

自治体の「制度融資」を検討したいものです。

 

 

ここでは福岡市の「スタートアップ資金」をご紹介します。

image

 

福岡市が主催するセミナーや経営相談などの「特定創業支援事業」を受けることで、

保証枠の拡大などの優遇措置があります。

 

 

ちなみに金融機関への利息の支払いのほか、信用保証協会への「保証料」が必要です。

 

また、金融機関と信用保証協会の2か所の審査が必要なため、

一般的に日本政策金融公庫よりも融資審査に時間がかかる点にご注意ください。

 

 

福岡市スタートアップ資金の概要は、こちら(リンク・福岡市中小企業サポートセンター)。

 

 

 

スタートアップで知っておくべき資金調達 3 日本政策金融公庫「中小企業経営力強化資金」

月曜日, 6月 8th, 2015

「先生、無事に融資がおりました!しかも無担保・無保証で、金利が1.5%で調達できました!!」

 

先日ご支援したお客様から、こんな嬉しいご連絡をいただきました。

 

 

 

金融機関の借入にあたって「不動産の担保」や「保証人」を求められることがあります。

これらが無い場合に比べて、金利は当然低くなります。

 

しかし、信用や実績に乏しい創業時であっても、

「無担保・無保証人」で「金利年1.5%」という好条件で、しかも早期に

借り入れができるのであれば、ぜひ検討したいものです。

 

 

(融資には審査があります。借入実行を保証するものではありません。金利等の条件はブログ投稿時点。)

 

 

【概要】

・創業時に利用可能(要件あり)

・融資限度額のうち2,000万円までは、無担保・無保証人での利用が可能

 

【ポイント】

・金利が低い(2,000万円までは、年利1.5%【特利A】)

・女性・若者・シニア等はさらに金利が低い(2,000万円までは、年利1.25%【特利B】)

・融資審査が早い(自治体の制度融資は、金融機関と信用保証協会の2か所が審査)

・認定支援機関(税理士など)のアドバイスが必須

 

 

 (日本政策金融公庫「中小企業経営力強化資金」)

image

 

 

不動産や保証人が無くても、「税理士が認めた事業計画(ビジネスモデル)」を

担保にできる制度、これが、日本政策金融公庫の「中小企業経営力強化資金」です。

 

ただし、すべての税理士事務所で適用できるわけではありませんのでご注意ください。

もちろん河上康洋税理士事務所は「認定支援機関」です。

 

 

「中小企業経営力強化資金」の概要は、日本政策金融公庫HP(リンク)。

 認定支援機関(経営革新等支援機関)の制度については、中小企業庁HP(リンク)。

 

スタートアップで知っておくべき資金調達 2 自己資金の考え方

月曜日, 6月 1st, 2015

前回のブログでは、「創業時の自己資金は、全体の3割程度が必要」とご紹介しました。

 

一般的に、自己資金と言われるものには2種類がありますのでご注意ください。

・自身の貯蓄だけを指す、狭義の自己資金

・すぐに返済しなくても良い親族・知人からの借入を含めた、広義の自己資金

 

自己資金/福岡博多・河上康洋税理士事務所

 

ここでは広義の自己資金に関連して、資金調達の上で注意点をご紹介します。

(なお融資には審査があります。借入を保証するものではありませんのでご了承ください)

 

 

 

(1)自己資金が多いほど、借入できる金額も大きくなる

 

「自己資金3割」を逆に言うと、自己資金として500万円用意できた方は、

100万円しか用意できなかった方の5倍の借入ができることになります。

これを、レバレッジ(テコの原理)といいます。

 

 

(2)少ない自己資金で申込みも可能だが・・・

 

最近では、創業時において創業資金総額の10分の1以上の自己資金があれば

申込が可能な融資制度もできましたが、「融資を申し込む権利を得た」だけに過ぎません。

結局は通常の与信判断(返済できるかどうかの判断)がありますから、

3割程度の自己資金を用意しておくべきだという事は言うまでもありません。

 

 

(3)タンス預金は避けたほうが無難

 

これは自己資金の「質」の問題です。

単に手元にお金があるだけでなく、その入手方法も融資審査で問われます。

毎月1万円でも、コツコツ貯金した自己資金であれば、金額もさることながら

「この人はお金にルーズじゃないんだ」という印象を融資担当者に与えます。

 

スタートアップで知っておくべき資金調達 1 創業のための自己資金はどのくらい必要?

日曜日, 5月 31st, 2015

 

創業するのに、自己資金はいくら必要なのでしょうか?

 

 

やりたいことによって、創業時に必要な資金額は変わります。

例えば飲食店や理美容店など店舗や設備が必要な場合、開業資金は大きくなりますし、

逆に、自宅でフリーランスとして始める場合には、さほど資金は必要でなくなります。

ですので、あくまで一般論として参考にしてください。

 

日本政策金融公庫の「新規開業実態調査(リンク)」によると、

自己資金、親族・知人からの支援、金融機関からの借入金を含めた開業時の資金調達額は

平均で1,464万円となっています。

 

image

 

このうち、「金融機関等からの借入」は平均調達額に占める割合は63.4%となっており、

逆に言えば、すぐに返済しなくても良い資金(自己資金+親族・知人からの支援)は

必要資金額の3割以上を用意しておく必要があるということです。

 

単純計算で、「開業資金が1,000万円必要な場合は、300万円は自己資金を用意してください」

ということになります。

 

【セミナー】3/6(金)緊急開催! 小規模事業者持続化セミナー

木曜日, 2月 26th, 2015

【7/6追記】

追加募集開始に伴い、7/10(金)にセミナー・相談会を開催します。

詳しくはこちら(リンク)。

 

~~

 

 

【3/5追記】

定員に達しましたので、申し込みを締め切らせていただきます。

 

~~

 

【3/4追記】

一般の方の募集は定員に達しましたので終了させていただきます。

当事務所のお客さま・河上塾OB・メルマガ登録の方々(登録フォーム)は

引き続きお申込いただけます。

 

~~

 

2月下旬公募予定の、平成26年度補正予算(平成27年度実施)

「小規模事業者持続化補助金」。

経営計画を作成し、これに沿った販路開拓を行う小規模事業者に、

費用の2/3(上限50万円)を補助するというものです。

 

・「小規模事業者」とは?

  ・・・常時雇用20人以下(商業・サービス業は5人以下)

・「販路開拓の費用」とは?

  ・・・チラシ作成、ホームページ作成、店舗改装 など

 

この「持続化補助金」、とても使い勝手が良いのです。

 

・採択数が多い(本年度は全国12,000件程度が採択予定)

・使える範囲が幅広い(チラシやHP、店舗改装など幅広い)

・雇用増などがあれば上限が100万円にUP

・申請書作成を通じて、経営方針や自社の強みも整理できる

 

当事務所としても昨年採択された「持続化補助金」を解説し、

実際に、事業計画をその場で作成していただくセミナーです。

 

昨年同様、3月の一次募集に間に合わせることで採択可能性が

格段にUP(昨年度は、一次募集のお客様は皆さん採択)する

ため、緊急開催させていただくこととしました。

 

もちろん、補助金申請の有無にかかわらず、経営計画の具体的な

ポイントを学んでいただくうえでも良い機会ではないでしょうか。

 

~~

 

緊急開催! 小規模事業者持続化セミナー

 

 日時 2015年3月6日(金)14:00~18:00

 会場 河上康洋税理士事務所(福岡市博多区下川端町2-1)

 定員 8社(当事務所のお客様・河上塾OB優先)

 費用 1,000円(当日持参ください)

 申込 お問合せフォーム(こちら)に「持続化セミナー希望」の

    タイトルで、お名前・御社名・ご連絡先を明記ください。

 備考

  ・ パソコンを持参ください。その場で計画書を作成いただきます。

  ・ 事前課題をお渡しします。

  ・ 補助金申請を予定しない方も参加可能です。

  ・ アドバイスは行いますが、書類作成代行は行いません。

  ・ 補助金採択の結果にかかわらず参加費は返金致しません。

 

~~

 

創業補助金の募集要件公表(平成26年度補正・平成27年度分)

火曜日, 2月 17th, 2015

このほど、平成26年度補正予算分・平成27年度予算分の創業補助金

(「創業・第二創業促進補助金)の募集要件が、中小企業庁より公開されています。

 

注意すべきは、従来の「認定支援機関」の要件だけでなく、

・「認定市区町村(本日時点で、福岡県内では、福岡市・北九州市・飯塚市・久留米市のみ)」なる要件が増えたこと

・「認定事業(経営、財務、人材、販路の4つの知識)」の習得などに加点があること

・対象となる創業時期が明らかになったこと、です。

 

 

特に、(現地点で)上記4市以外の創業は、補助対象すらならないケースが生じます。

 

ちなみに上記の4つの知識とは、たとえば以前のブログ(こちら)でご紹介した、

九州志士の会「若志士共創塾」のようなものを限定的に指していると思われます。

各地でおこなれている全ての「創業塾・創業スクール」が対象というわけでは

ないものと考えられますのでご注意ください。

 

 

創業補助金募集要件まとめ_平成26年補正・平成27年/福岡博多・河上康洋税理士事務所

 

中小企業庁ホームページは、こちら(リンク)。

九州志士の会・若志士共創塾は、こちら(リンク)。

 

 

【3/4追記】

平成26年度補正予算(平成27年度)創業補助金の公募が開始しました。

公募要領で要件等をご確認ください。(リンク

 

 

所長ブログ

カテゴリー

バックナンバー

携帯アクセス解析