ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
本文へ移動します
経営者の夢の実現を会計力で支援します!
ここから本文です

前回のブログの続きです。

 

「ものづくり補助金(中小企業・小規模事業者ものづくり・ 商業・サービス革新事業)」が

平成25年度補正予算で大きく様変わりしました。

 

特に特徴的なのは、類型が細分化されたこと、商業・サービス業も対象となったことです。

例えば「革新的サービス」として3~5年の事業計画で経常利益などが一定程度増加する

場合が対象になります。

 

逆に「取引改善型需要開拓支援事業」では取引先事業所の閉鎖・縮小により売上減少が

見込まれる場合が対象になります。

つまり、売り上げが上がっても、下がっても、対象になるものがあるということです。

 

なお「取引改善型」については随時受け付けが行われており、予算額に達した段階で

公募受付が終了されますので、対象となる場合には早めの検討をおすすめします。

 

公募要領など、補助金事務局HPはこちら(リンク)。

 

 

※「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(ものづくり、

商業・サービス)」のほうは、平成26年2月17日から3月14日までの1次公募一次締切り分で

すでに採択結果が公表されており、約4割の採択率となっています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

所長ブログ

カテゴリー

バックナンバー

携帯アクセス解析