ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
本文へ移動します
経営者の夢の実現を会計力で支援します!
ここから本文です
Share on Facebook

こちらの手続きは法人に限られます。

(個人事業の場合、代表者=事業主の手取り分は「経費」とは考えません)

 

 

法人を設立して問題になるのが、代表者の給与(役員報酬)をいくらにするかです。

恣意性、つまり利益が出たから役員報酬をたくさん払うといったことを防ぐため、

原則として、毎月一定額の支給(定期同額給与)とする必要があります。

 

こちらは、特に税務署への手続きは必要ありません。

 

 

これとは別に、役員賞与を支給したい場合には、税務署に届け出を出したうえで、

その届出どおりの日に、届出どおりの金額を支給した場合、上記にかかわらず

損金にできる制度があります。これを「事前確定届出給与」といいます。

 

 

この届出には期限があり、法人設立第1期の場合、設立の日以後2月を経過する日までです。

(2期目以降は、株主総会等の決議から1ヶ月以内と、会計期間開始から4ケ月以内の、いずれか早い日)

 

一般的な法人の役員報酬は、「定期同額給与」と「事前確定届出給与」が

損金にできるものとなりますので、創業計画を作成する過程で、給与をいくらに

するか、しっかりシミュレーションをしていただきたいものです。

 

 

 

国税庁ホームページ

  事前確定届出給与に関する届出(リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

所長ブログ

カテゴリー

バックナンバー

携帯アクセス解析