ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
本文へ移動します
ここから本文です
Facebook にシェア

2022年からの「改正電子帳簿保存法」では、「電子取引データ」は電子データのまま保存することが義務化されました。

2021年12月に閣議決定した税制改正大綱で、2年間の宥恕(ゆうじょ)規程が盛り込まれましたが、すべての事業者にとって課題であることに変わりありません。

 

当事務所では、この2年間で関与先企業の「電子取引データ」の保存・管理、また将来の「電子インボイス対応」を支援すべく、

TKCシステム利用先について、2022年は無償で電子取引データの保存をご利用いただくこととしました。

なお2023年より有償で、1,000円/月内外を想定しています(データからの仕訳読込機能の有無、保存料に応じて個別にお見積り)

 

本件に関しては、2022年2月2日開催の経営支援セミナー(リンク)でもご紹介します。

集合参加・Web参加をお選びいただけますので、この機会にぜひご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

所長ブログ

カテゴリー

バックナンバー

トップ