ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
本文へ移動します
ここから本文です

 

創業するのに、自己資金はいくら必要なのでしょうか?

 

 

やりたいことによって、創業時に必要な資金額は変わります。

例えば飲食店や理美容店など店舗や設備が必要な場合、開業資金は大きくなりますし、

逆に、自宅でフリーランスとして始める場合には、さほど資金は必要でなくなります。

ですので、あくまで一般論として参考にしてください。

 

日本政策金融公庫の「新規開業実態調査(リンク)」によると、

自己資金、親族・知人からの支援、金融機関からの借入金を含めた開業時の資金調達額は

平均で1,464万円となっています。

 

image

 

このうち、「金融機関等からの借入」は平均調達額に占める割合は63.4%となっており、

逆に言えば、すぐに返済しなくても良い資金(自己資金+親族・知人からの支援)は

必要資金額の3割以上を用意しておく必要があるということです。

 

単純計算で、「開業資金が1,000万円必要な場合は、300万円は自己資金を用意してください」

ということになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

所長ブログ

カテゴリー

バックナンバー

トップ