ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
本文へ移動します
ここから本文です

kawtax流・名刺活用術 ①名刺の瞬発力と持続力

木曜日, 5月 27th, 2010

新年度(平成22年度)も、もうすぐ2カ月が経ちます。

 

異動などの挨拶で、たくさんの名刺交換をする時期です。

職業柄、年間100名以上の経営者の方とお会いしていますので、

いただく枚数も、お渡しする枚数も相当なものになります。

 

 

 business cards

ところで、名刺を渡す/もらう目的は何なのでしょうか?

これは大きく2つに分かれます。

 

【その時】

相手に自分のことを、明瞭簡潔に伝えること。

【あとで】

相手に覚えてもらい、連絡してもらうこと。

 

 

つまりどちらの時間効果(瞬発力か持続力か)を重視するかで、

正しい(ふさわしい)名刺の作り方が変わってくるのです。

 

例えば、ある程度決まった得意先に名刺を渡すことが多い場合、

【その時】の相手との接点はすでに確保していますので、

【あとで】連絡してもらうことに重点を置くべきです。

 

 

逆に、SOHOなどで特定分野のクリエイターの方であれば、

【その時】どんな職種かを知ってもらうことが重要になるので、

単に「デザイナー」とか、はたまたギッシリ詰め込みすぎるのは

どうかと思います。

 

 

あの小さなスペースに書くべきことを、

(中には見開きジャバラ型の方もいますが)

きちんと整理して、

そして目的に沿って配置されているか、

あなたの名刺をもう一度見直してみてください。

 

 

 

次回は、かつての自身のトライアル・マーケティングをご紹介します。

 

 

 

【粗利益(あらりえき)】でビジネスを組み立てよう

火曜日, 5月 18th, 2010

外売りの弁当屋、ずいぶん増えましたね。

 

いわゆる「中食」の浸透で、

博多のビジネス街にも、1個400円前後で

ランチタイムにはさまざまな弁当が売られています。

 

 

 

 

そこで気になる光景を目にしました。

 

 

2つ並んだ弁当屋。

ひとつはテントを張って、どこかの工房でつくった幕の内。 (→A)

もう一つは、ワゴン車を改造した厨房で温めているカレー屋さん。 (→B)

実はこの2つ、<同じランチ販売でも利益の取り方がぜんぜん違う>と直感しました。

 

 

どちらも仮に、売価400円(原価100円)のランチを50個(完売で20,000円の売上)、

諸経費(人件費や車両費)は10,000円とします。

 

 

CB016002

 

 

Aは、弁当を持参していて、売れ残っても持って帰れません。

ということは、

弁当の材料費も、いわば「隠れ固定費」なので、

固定費=材料5,000円+諸経費10,000円=15,000円

損益分岐点は、15,000円の経費を賄う売上(つまり38個以上)です。

 

いっぽうBは、ご飯とカレールーはその場で温めているだけなので持って帰れます。

固定費は10,000円のみ。粗利益75%(100円÷400円)は、完全変動です。

損益分岐点は、13,333円なので、34個でモトが取れます。

 

 

 

ものすごく単純化しているので、実際にこうなるとは限りませんが、

(カレーが持って帰れるとは限りませんので)

 

粗利益の取り方しだいで、ビジネスの組み立て方が変わってくるという一例でした。

脳にいい人間関係をつくりなさい

火曜日, 5月 11th, 2010

書評です。

この連休中に読んで「これは」と思った1冊。

 

脳にいい人間関係をつくりなさい(西村克己著・PHP出版)

 

 

お客様、上司部下、人材育成と、

さまざまな場面でコミュニケーションが変わります。

 

 

「このひととはウマがあう」とか

「この人ちょっと苦手かも」とか

利き脳(=考え方のタイプ)が関係しています。

 

右脳・左脳というのはよく知られています、

 

大脳生理学に基づいたハーマンモデルでは

あわせて4タイプ(A~D、または複数の組み合わせ)に分類して、

それぞれの思考の特徴や、

パーソナリティの活かし方まで書いてあります。

 

ちなみに私は「理性派(AB)タイプ」だとか。

職業柄、そうなるのかもしれません。

 

 

あなた自身と相手の「利き脳」を測ってみて

円滑なコミュニケーションに活かしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ちなみに、

ハーマンモデルについては、ハーマンインターナショナル様で

トレーニングなど実施いているようです。

 

 

和・伊融合のコンセプトが新しい価値を生み出した

木曜日, 5月 6th, 2010

相反すると思われがちな2つの価値を融合させることで、

新しい価値が生まれることがあります。

 

 

 

このゴールデンウィーク、久しぶりに伺ったのが、東区・三苫の

 

028

食伊もん処Tsuji家~ さん。

 

これから商売をはじめたいという方をお連れしました。

 

料理のことはここで紹介しても筆下手なもので、そこは是非とも現地へ。

ちょっとだけ、メニューをご紹介。

 

029

(前菜三種) 赤鶏の生ハムと新ごぼう・カルパッチョ・生うにをのせた自家製フレッシュチーズ

029.2

(スパゲティ)牛すじの和風辛味スパゲティ ゆずの香りで

 

 

前職の大先輩がはじめた

和のテイストを取り入れたイタリアンレストランで、

もうすぐ5周年を迎えるそうです。

 

 

立地条件は決して良いわけではないのですが、

味はもちろんのこと、

その落ち着いた雰囲気とリーズナブルな価格で、

地元の皆さんや、海ノ中道ドライブの立寄りスポットとして

たいへん賑わっています。

 

 

その成功のカギとなっているのが、メニューにも内装にもこだわった

和・伊融合のコンセプト。

 

 

 

 

何かと何かを融合させることで新しい「価値」をつくりだすことが、

その人・その店のオリジナリティとなるのです。

 

そしてそのほうが、分かりやすい=伝わりやすい。

 

 

新しいことを始めるとき、融合というキーワードにも着目してください。

情報とマインドを<残す>ためのノート活用術

火曜日, 4月 20th, 2010

博多はすっきりしない天気が続いています。

 

 

今回は、私が学生時代から実践している

<残す>ためのノート活用のご紹介です。

 

 

情報整理術、マインドマップ、手帳活用、などなど

メモを書きとめる=memoriseにはそれぞれの「流儀」があるのですが

皆さんの参考になればと思います。

notebook

 

私の場合、

基本機能を2つに分けて、2冊のノートを使い分けています。

 

(1)情報を残す → 写真左・LEXONの持ち歩き用A4バインダーブック

 

要は、事務所に戻って打ち合わせ内容などをファイリングできるよう

ルーズリーフを持ち歩きたかったのですが、

なかなか手頃なものがなく、探すのに2か月くらい吟味しました(笑)

 

(2)マインドを残す → ふつうのA4大学ノート 

 

たとえば講演やセミナーの内容であったり、

書籍の内容であったり、

移動中に思いついたビジネスアイデアであったり、

 

その時の気持ちを持ち歩いて、いつでも見れるようにしたものです。

A4なのは、1ページに情報を詰め込むため。

 

 

メモは取るけどあとから見ない・整理できないという方は

是非参考にしてみてください。

美容業の開業事情 その3 開業前後で悩みは変わる

火曜日, 4月 13th, 2010

美容業の開業事情」(こくきん創業支援センター福岡)に見る

サロンの開業の実態の最終回。

今回は、開業時、そして開業後の経営課題を見てみます。

 

 

 

 

一般に、

開業時には「資金」、開業後には「人材」の問題が

経営者の悩みや苦労としてまず挙げられます。

 

この傾向はサロンについても同様のようです。

開業時に苦労したこととして、資金調達(38%)がまず挙げられ、

これに、財務・法務(31%)や各種手続(27%)が続きます。

 

技術や接客は下積み時代に充分身につけても、

<経営者>は、それだけでは思うようにいかないことも多くあります。

 salon3

 

 

一方で、開業後の苦労は、売上確保・従業員育成確保で過半を占めます。

 

美容業の経営指標(2008年小売業の経営指標)として、

・従業員1人当たり売上高 53万円/月商

・イス1脚当たり売上高 48万円/月商

が中期的な目標になりますが、

立ち上げから軌道に乗るまでの間の計画は、

試行錯誤の繰り返しです。

初心をわすれることなく、どんどんチャレンジしていきましょう。

 

 

 

以上、創業の先人達が教えてくれたことを

これから創業を考える方々は

生かさない手はありません。

 

創業のアイデアが出てきたら、

まずは、あなたが考えるビジネスを整理してみましょう。

 

さらに一歩踏み込んで、販売計画・資金繰り計画の策定と実行、

税務や会計などの経営知識などは、

プロフェッショナルの手助けを借りることができれば、

将来の成功率も格段にアップするはずです。

 

以上、今回のシリーズの関連情報は

こちら>のページもぜひご参照ください。

 

また、コメント・感想などがあれば

お問い合わせフォーム>からも、ぜひお願いします。

美容業の開業事情 その2 スタートダッシュの条件は「立地」と「囲い込み」

火曜日, 4月 6th, 2010

 

美容業の開業事情」(こくきん創業支援センター福岡)に見る

サロンの開業の実態。

今回は設備投資や立地条件などについて、見てみることにします。

(なお本内容のご紹介は、事前に同センターにご承諾いただいております)

 

 

 

開業の立地に関しては、

<元の勤務先に近い>という理由がもっとも多く38%、

逆に<周辺に競合店がない>からというのは3%しかいません。

これも、他のサービス業と比べると特徴的です。

 

つまり、一般的な立地条件だけではなく、

もともとの勤務先での指名客を、

円滑に、かつ円満に

引き継ぐことができるかが、スタートダッシュの成功のカギと言えそうです。

 

 

 

一方で、開業費用の平均は978万。

そのうち設備資金として内装(423万円)、什器備品(157万円)など

852万円がかかっています。

 

その資金の調達は、金融機関からの借り入れが6割、

自己資金と身内の援助で各2割ずつ。

 

実際には、開業費用が予定より多くかかることや、

金融機関からの借り入れが希望通りいかなかった場合も想定し

余裕をもって自己資金をしっかり確保しておくこと、

そして事前の計画が重要です。

 salon2

なお理美容業の開業にあたって

福岡県では、正社員の雇い入れなどを条件に、開業6カ月以内の申請で

地域再生中小企業創業助成金

として、創業経費の3分の1などの助成金が受けられます。

上限や適用要件がありますので、

開業の際には確認・検討ください。

 

 

 

次回は、開業時の<悩み>について考えます。

美容業の開業事情 その1 開業までの業界キャリアは約11年

土曜日, 4月 3rd, 2010

 

全国に美容室は20万件超。

福岡県だけでも8,000件余の店舗があります。

 

 

こくきん創業支援センター福岡が先にまとめたアンケート

 

美容業の開業事情

 

ここ1年で美容室を開いた経営者の実態をシリーズで掲載します。

(なお本内容のご紹介は、事前に同センターにご承諾いただいております)

 

 

 

開業するほぼ全員が、美容業の経験者。

飲食店や小売・雑貨店などの開業スタイルとは勝手が違うようです。

 

勤務時代のキャリアは平均11.3年と、全業種平均(14年)よりも短く、

開業時の平均年齢は34.1歳ということで、

20代・30代で8割以上を占めています。

 

 salon1

 

スタッフのほとんどが、将来の「経営者予備軍」であることも

この業界の大きな特徴です。

 

学生時代・修行時代から開業をこころざした割合はそれぞれ24%・38%と、

下積み時代から<いつかは独立したい・・・>と考えている方々が

とても多いことがわかります。

 

また開業者の6割が、店長クラスの経験者です。

 

 

 

このように、技術や知識が備わって、

比較的若いうちに独立できる美容業ですが、

次回は開業費用や立地について考えてみます。

 

ベンチャー創業者必見!福岡市のインキュベート施設入居募集開始

火曜日, 3月 30th, 2010

いよいよ年度末となりました。

 

4月以降の新年度に向けて、一般企業だけでなく

自治体や公共施設も新しい動きをみせます。

 

新年度に合わせ、福岡市では、創業者に低廉な賃料で事務所を提供し、

併せて専門家による経営指導・相談などの支援も受けられる

インキュベート事業を新規募集しています。

 

これらは”出モノ”、つまり既存区画の退去がないと新規募集されないので、

創業や事務所開設を検討中の方、

このタイミングで応募を考えてみてはいかがでしょうか?

 

しかも平成22年度から、

インキュベートプラザに大学等に在籍する学生が入居する場合は

在籍中、使用料が半額になることになりました。

 

これは画期的です!

 

 

ちなみに、今回募集区画は、あわせて9社のようです。

募集要件その他、福岡市の創業・経営支援課に照会ください。

 

・インキュベートプラザ博多(商工会議所ビル)

・インキュベートプラザ百道浜(ソフトリサーチパーク)

・創業者応援型賃貸施設(市内の民間ビルへの入居の補助です)

所長ブログ

カテゴリー

バックナンバー

トップ